医学部受験マップ

新着情報

◎2017/7/25

入学時にかかる学費
の情報を更新しました。

◎2017/5/15

医学部は30代はやっぱり不利?
の情報を更新しました。

◎2017/3/24

医学部思考が強くなっているのはなぜか
の情報を更新しました。

「医学部 予備校」
に関連するツイート
Twitter

この時期特有なのか、医学部専門予備校の新聞宣伝多いな…

東研は少人数制予備校のパイオニア! 53年の信頼と実績 東大・早慶・医学部・合格!高校生 高卒生(朝から授業) 黒板生授業+学習指導 一流の先生から手厚い指導を受けられます! 大学入試,予備校,塾 token-ac.com

Twitter東研学院予備校@token_ne

返信 リツイート 8:46

予備校の国立医学部コースって行く意味あるのかね?基本全学部問題共通だし。熊大とか千葉大コースみたいなのがあるならともかく。高い金払っても一流,人気講師は東大京大コース担当だろうし。

東研学院予備校 少人数制大学受験 ◎高校生・高卒生(朝から)対象 ◎黒板を使った一流の先生による生授業 ◎東大・医学部・早慶合格 ◎国公立私立大学 理系 文系 医系全対象 token-ac.com

Twitter東研学院予備校@token_ne

返信 リツイート 8:36

映像授業に学費を払っているんですか? 東研ならコース生は全員、通常授業の他の映像学習、東研メビウスは無料です! #大学入試 #センター試験 #大学受験 #塾 #予備校 #東研 #医学部 #東大 #早慶 #勉強法

Twitter東研学院予備校@token_ne

返信 リツイート 8:11

授業だけでなく、生徒さんの疑問点やさらに知りたいことまで先生達が直接サポート! たった担任1人や学生チューターで安心できますか?? #大学入試 #センター試験 #大学受験 #塾 #予備校 #東研 #医学部 #東大 #早慶 #勉強法

Twitter東研学院予備校@token_ne

返信 リツイート 8:06

RT @chakoizu1: 本日、後期の合格発表があり長男は、浪人決定…医学部なめすぎてた…挫折も知らない彼には、今必要な成長過程なのかなぁ…予備校通いの為にも母は、昼 夜頑張って働くわよ😭

Twitterみっちぇる@笑顔配送中!@634526mn

返信 リツイート 6:55

東研学院予備校 少人数制大学受験 ◎高校生・高卒生(朝から)対象 ◎黒板を使った一流の先生による生授業 ◎東大・医学部・早慶合格 ◎国公立私立大学 理系 文系 医系全対象 token-ac.com

Twitter東研学院予備校@token_ne

返信 リツイート 1:56

医学部予備校比較サイトの意味

Twitter医学部予備校比較 medicus@ToiawaseMedicus

返信 リツイート 1:02

医学部に受かるための予備校活用法

医学部に受かるための予備校活用法 医学部受験は大変です。
医学部合格を目指すこと自体に関してもそうと言えますが、かつハイレベルな大学で受験をするとなった場合は尚更です。
よく言われることですが、結局、難関と呼ばれる所を受けるには学校の授業だけをよく咀嚼していたのでは埒があきません。
そこをさっさと突破して、その上のレベルを予備校などで補わなければなりません。
ただ、大手予備校などでそこを埋めようとしても、やはりそれだけではという問題も出てきます。
何だかんだ言って、学校に通いながらそれにプラスアルファとして、よりハイレベルなものをやって行こうとすると、キャパシティオーバーになりがちという点は否めないのです。
それをクリアして合格にこぎつけるにはどうするかですが、まずはいい先生と評判の先生の授業を履修していくことです。ハイレベルのものを習得し始めの時はこれがとても大事です。
予備校をはしごして、教科ごとに一番いいと思える先生の授業を取って、そこをクリアするのも最短経路となるでしょう。 そして、そこのレベルの基礎力が身についたら、今度は志望校別対策です。
あまりに有名なトップ校を受けるなら大学別に対策科が存在していますが、そこから少しランクダウンした大学の医学部を視野に入れる場合は、割に幅広く色々な傾向の問題を解けるようにしておかなければならなくなります。
これには意外に時間を要します。
予備校の担任などに相談しながら、自分の志望レベルで対策するべきはまずは何があるかなど、勉強計画を早めに立てておくことが必要です。

医学部と予備校と科目について

医学部に入学するための試験科目は、とても難関であり、特に国立大学の場合には、「足切り」が行われるほど、難関な試験であるとされています。
もちろん、私立大学も難関であり、医学部は総じて難関な学部なのですが、上記のように特に国立大学に入学したい場合には、「足切り」されることを避けて、次の試験に臨まなければなりません。
「足切り」とは、センター試験で9割以上を合格、試験で合格点を出せなかった受験者の方は、次の試験に進めないというものであり、そこで国立大学の医学部を受験するコースは、終了となってしまいます。
これは、国立大学の場合には、よりエリートが集まること、私立の何十倍もの安さの学費で通うことが出来ること、などから予備校でもこのような「足切り」を避けるために、科目を徹底的に教えることに力を注いでいます。
医学部の受験で必要な科目は、それが出来れば全ての資格を取得できる、と言われているほど難関なものであり、数学ⅢCなどの他にも、物理、生物、数学ⅡBなど、多岐にわたります。
そのため、予備校では、特に物理や数学ⅢCなどの授業などに力を入れて、これらの授業内容にうまくついていけない生徒さんのために、授業を教えてくれるケースもあります。

関連情報サイト